ローン地獄体験談!簡単に脱出出来た方法!ローン地獄

ローン地獄の私の体験談です。

 

こんばんは。
このブログの管理人の
前川と申します。
 
このブログを見て
1人でも多くの方が
ローン地獄から抜け出すヒントになればと思い、
書かせて頂きます。
 
私も最近までは
ローン地獄でした。。。
 
本当に死にたいくらいでした。
 
毎月ローンの支払いをしっかりと返しても
減らない元本。。

 
このつらさは本人ではないと
絶対にわかりません。
 
このくらいの精神状態になると、
意味もなくネットで
 
「借金」
 
とか
 
「ローン返済」
 
とかを意味もなく、検索しています。
 
そのくらい危ない精神状態まで

追い込まれてしまいます。
 

 

私がそんな感じで何気なく検索していると、

 

街角法律相談所というサイトを見つけました。
machikado-soudan.com
クチコミを調べてみると、
 
利用した人の
97%が借金やローンが減額される、
匿名無料シュミレーションサイト
との事です。
 
匿名で電話番号、
住所不要でメール相談が出来るとの事
冗談半分で利用してみました。
 
すぐに法律事務所から回答があり、
様々な解決方法が提示され、
減額のイメージがわいてきました。

 
料金も減額完了後の後払いで大丈夫との事でしたので、
そのまま依頼をしてみると、
 
本当に減額され、支払がグっと楽になりました。
 
 
ビックリしました、、、
 
あんなに苦しんだ支払がいきなり生活に支障がないくらいまで
減るなんて最初は信じれない気持ちになります。
 
やはり専門家による知恵は凄いです。
 
最初からしっかりと相談すれば
よかったと心底後悔しています。

 
気になる方は下記から
その街角法律相談所の公式HPで確認してみてくださいね。

 

・街角法律相談所
machikado-soudan.com
借金地獄カードローン地獄カーブス料金闇金相談借金苦

 

  ローン地獄の恐ろしさ ローン地獄 借金ローン地獄も順調に返済できているうちはいいのだが、ちょっとしたアクシデントで返済がままならなくなり、足りないぶんを補うためにギャンブルローン地獄に身を投じ、失敗して、また新たなローン地獄が増えていく……、となった時点で、ローン地獄の口がぱっくりと開く。   返しても返しても、次の返済日がすぐにやってくる。友だちや同僚に頼るのも限界がある。 まるでローンを返すだけのために働いているような気持ちになり、胸の中のむなしさがふくらんでいく。   それでも催促の電話・郵便は容赦はない。 返せるあてのない金額にふくれあがった借金の額は、当人にとっては永遠にたどり着かない山頂のようだ…。   これがローン地獄の構図。ではなぜ人は借金ローン地獄に足を踏み入れてしまうのだろう。   以下についつい借金を重ねてしまいがちな人の特徴をピックアップしてみた。 ローン地獄 ・浪費癖がある ・自分の収入と支出を把握していない ・贅沢が好き ・ギャンブルに目がない ・返済するためにお金を借りることに抵抗がない   以上が当てはまる人は、常識的に考えてローン地獄が嵩んでもおかしくないが、以下はどうだろう。 ローン地獄 ・自分の感情をコントロールすることができない ・見栄っ張り ・幼い頃から嘘が上手だった ・外面ばかり良い。内弁慶。 ・無責任でだらしがない ・将来設計がない ・優柔不断 ・人の悪口を良く言う ・こらえ性がない ・部屋を片付けられない ・ずる賢い ・買うモノがないのにとりあえずコンビニに寄ってしまう   性格的な特徴として、こうした面があなたにはないだろうか。4つ以上当てはまるなら、ローン地獄予備軍と言ってもおかしくないほどの危険性がある。   とくに冒頭に挙げた「感情のコントロールができない」というのは致命的だ。 さらにそれが加速すると「こらえ性がない」となる。 感情の噴出のスピードが速ければ速いほど、ローン地獄危険性は高まる。 ローン地獄 「あのブランドもののバッグ、おしゃれ!今はお金無いけどカードがあるから大丈夫」   「給料日まであと一週間あるのにお財布にお金がない!そこのコンビニでキャッシングするか」   自制心と言い換えてもいいかもしれないが、欲しいと思った時がクレジットカードを使う時とばかりに限度額までショッピングをしてしまったり、計画的な出費ができずに無くなったらキャッシングというのは、人をあっという間に借金地獄に落とし込んでしまう。   そんなに時間はかからずに、手持ちのお金は底をつくだろう。ローン地獄返済のためのお金までキャッシングするようになったらもう落ちるのは時間の問題だ。   金銭感覚がおかしいかどうかは、返せるあてが本当にあるのか、毎月の返済ローン地獄金を捻出できる経済的余裕があるのかということに尽きる。   「お金が無くなったら借りればいい」   これは冷静に考えればあり得ない理論だ。目の前の困難はこれでは一時的にしか回避できない。   こうした考えを持つ人は、ローン地獄といわれる状態のまっただ中に落ちることになってしか、「やばい」と思わないのが特徴。   そこにさらに見栄っ張りな性格が加わると、誰にも相談できないことになる。頭を下げて親戚・友人に頼ることもできない。 ローン地獄 信販会社から消費者金融へ、借入先はどんどん変化していき、金利はべらぼうに高くなっていく。 催促の電話・郵便は日常的に大きなストレスを与えるし、それから逃げるためにアルコールに走っても、自体は全然変わらないのである。   「借金ローンローン地獄を抱えることは怖ろしいことだ」   ローン地獄を実際に見た人でなければ、その光景はわからない。 上記のような言葉が出てくる時は、時すでに遅しということがままある。   上記に挙げた性格的な特徴を自覚している人は、心して日々の経済生活を歩んで欲しい。   ローン地獄 ローン地獄からの脱出   「雪だるま式にローン地獄増えていく地獄」 ローン地獄 そう表現をされがちなローン。 元金だけではなく、斜面を転げ落ちる雪だるまのように利息という雪がまとわりついて、麓にたどり着く頃には思いもしないほど大きなものになっているというイメージ。   そうなると常に返済に追われ続けることになり、ローン地獄催促の連絡が矢のように降り注ぎ、ストレスは限界まで地獄の様に高まっていく。 その借金地獄の苦痛から逃れるために、自殺地獄という手段を選んでしまう者もいる。   ただそうしたローン地獄に陥った人々がみな、過度な飲食・遊興や派手なギャンブルにうつつを抜かしてろくに働かなかったわけではないというのが怖ろしい。   給料日までのつなぎに少しだけ借りよう。 今月の生活費が足りなくなったから… 欲しいものがあるのに手持ちのお金がないからカードで…   誰にでも起こりえるシチュエーション。しかしそこをきっかけにローン地獄への方向に、人は踏み出してしまうのだ。   「少しだけならいいだろう、このくらいなら返せるだろう」   初めはみんなそう思ってローン地獄を作る。 ただそれはどうにも甘い考えであることが多い。 思ったよりも借金の負担というのは大きいのだ。 そして手に負えない金額にまでふくらむのに、実はそんなに長い時間は要らない。   己れの返済能力を超える借金地獄を抱えてしまう、地獄。 ではそんなローン地獄は、一度踏みいってしまったら後戻りすることはできないのだろうか。 ローン地獄 そんなことはない。 借金地獄には脱出の方法が確実にあるのだ。 それも合法的に、地獄から確実に助かる方法なのだ。   自分が今、ローン地獄のまっただ中にいると感じる人は、たいていひとりでその悩みを抱え込んでいる。 助かる方法は、今ある借金地獄をすべて返済するという選択肢しか考えられなくなっている。   そのためにすることは、ローン地獄専門家に相談することである。 借金問題を扱っている法律事務所に相談し、弁護士・司法書士などのプロの手を借りることだ。   もちろん相手はプロなのでお金はかかる。 しかし借金返済地獄よりも安価に済み、借金自体が減額するのなら、ローン地獄問題なんてないだろう。   さらに通常の法律事務所は、たいてい相談だけなら無料で対応してくれる。 実際に自分の抱えているトラブルをローン地獄専門家に見てもらうというだけでは、お金はかからない。   そして具体的に解決のための道しるべを示してくれた段階で、その料金と共に考えればいいのだ。   具体的な方法としては、債権者との交渉で借金減額地獄を勝ち取る「任意再生」、合法的に債権整理を行ない、個人事業にも適用される「民事再生」、全ての借金が一定条件下でチャラになる「自己破産」など、いろいろな手であなたの窮地を救う。   こうした借金問題解決の方法をまとめて債務整理と言い、法律事務所の取り扱い項目にはそう表記されていることも多い。   ただどの手段を使うか、それは当人の置かれた立場によって、さまざまだ。 そしてそれを見極めるのは、はっきり言って素人には敷居が高い。専門家に相談する方が、無用なローン地獄トラブルも避けられる。   中でも任意整理は、理論的には自分でやろうと思えばできる事ではある。 ただそれ相応の知識も必要な上、果たして自分で債権者と借金の減額について交渉する度胸があるだろうか。   さらに現実問題として、減額交渉に来たのが要領を得ない素人だというのに、ホイホイとローン地獄の手にのる業者がいるとも思えない。   やはり相手は人を見る。 プロの弁護士・司法書士ならば通る条件も、素人が通すには奇跡が必要になるのだ。   まして自分では、債権者と直接話すことさえイヤだ、というのが本音ではないだろうか。 日頃から催促のストレスを受けている相手に直接交渉ができる人間というのは、やはり相当肝の据わっている人物であるし、そもそも借金地獄になど落ちない人間ではないだろうか。   自分がごく普通の人間だと思うのなら、素直にローン地獄専門家に頼もう。 最大のストレスである催促の電話や郵便が、弁護士・司法書士が立つことでピタリと止まる。 それによって冷静に物事を考えられるようにもなる。   借金地獄から最短の道のりで脱出するためには、臆せずにプロの手を借りる、これこそが最大の効果的な方法だ。 借金のために生活が立ちゆかないというのなら、少なくとも相談する価値はある。無料相談を利用して、自分の可能性を確かめてみよう。 ローン地獄から抜け出すためにしなければいけない事   物価や税金は上がり続けているにも関わらず、ローン地獄から抜け出す収入が全くと言っていいほど増えない、こんな不景気の状況に頭を悩まされている方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 テレビのCMや街中のポスターを見ていると、消費者金融や銀行系のカードローン地獄の宣伝に目が行く方も少なくないでしょう。 自分も利用をすれば楽になれるのかな?なんてついつい考えてしまう気持ちは、とてもよく分かります。 消費者金融や銀行系のカードローンの宣伝では、有名なタレントや俳優が起用されており、とても親しみやすい印象を与えています。 利用することがいけないというわけではありませんが、賢く利用をしなければ大変なことになってしまいます。 無計画に借り入れやローンを繰り返してしまうと、月々の収入ではローン地獄から抜け出す返済が困難になってしまい、自己破産をせざるをえなくなってしまうことになるのです。 自己破産というものは、借金の返済義務から解放されるという大きなメリットがあるのですが、その分だけデメリットというものも感じなければなりません。 官報に自己破産をしたという情報が載りますので、生活のあらゆる場面で制限がかかってしまいます。 就職に不利になるようなこともありますので、十分に気をつけなければなりません。 借金が0になる代わりに、持っている財産は全て失うことになりますし、新たに借り入れを行うことやローン地獄から抜け出すクレジットカードを使うことも出来ません。 海外へ旅行に行きたくても、制限がかけられて出国出来ないといった場合もあるようです。 借金の苦しみからは解放されますが、その分だけ他のことで辛い思いをする可能性があるということを、ローン地獄をよく理解しておく必要があります。   利息が元本を上回り、どんなにお金を返してもローン地獄での借金を完済できない場合があります。 問題は、ただ何も考えずに返していることや利息がかさんでいることに気がついていないことです。 借金問題をローン地獄解決に導きたい。そんなときに助けとなるのは、専門家の力です。   借金が増えすぎて、どうしようもなくなったのなら、ローン地獄の債務整理という選択をしてみてはどうでしょうか。 いくつか種類があるので、ローン地獄専門家に相談して、最適な方法を選ぶのが一般的な方法です。 選択肢の中に、過払い請求というものがあります。 条件は、金利18%以上で、既に5年超の長いローン地獄での返済を続けていることです。 これでうまく行けば、ローン地獄での借金がなくなるだけではなく、払いすぎたお金が戻ってくるのです。   苦しんでいるローン地獄借金問題について相談できる専門家は、弁護士や司法書士です。 事務所によっては無料相談がありますが、専門家でなくても、NPO法人やボランティアなど、ローン地獄借金について相談できる団体は複数あるので調べてみてください。 一人でいつまでも借金について悩んでいる必要はありません。

ローン地獄の解決方法!

 

ローン地獄の解決方法を色々とあります。

 

世の中には程度の差こそあれ、借金に依存してしまったり、安易にローン地獄借金してしまったりする「ローン地獄体質」の人が沢山います。そういった人がもしキャッシングに手を出したらどうなるでしょう?すぐに借金は膨れ上がってローン地獄しまう事が目に見えています。もしかしたらキャッシングが魔法の財布のように感じているのかもしれません。では反対に貸す側の方はどうでしょう。手を変え品を変え、サービスを拡充して、どんどん借りてもらえるようにしています。貸す時には審査がありますが、一定の条件をクリアしていれば、「借金体質か否か」など関係なく、キャッシングでお金を借りることが出来てしまいます。無料で自由に使えるお金なんて存在しません。キャッシングは金利のかかる借金なのです。今直ぐ欲しい欲求に負けて、お金をキャッシングで借りて買うよりも、一旦我慢して、貯金をしてから購入した方が、確実に安上がりです。最近、キャッシング会社は色んなイメージ戦略をして、使っている方がスマートな人のような感じに見せかけていますが、実際は昔のサラ金と同じなのです。それがローン地獄の始まりです。キャッシング頼みの生活からはおさらばして、きちんとした生活を送りましょう。

 

人の金銭感覚は様々ですが、世にはどうしてもローン地獄に嵌っても理解できない金銭感覚を持つ人がいます。こういう人の事を「ローン地獄で金銭感覚がおかしい」と言ったりします。しかし、金銭感覚がおかしくなる事は誰にでも起きる事で、例えば、買い物をしたものを後から見て、どうして買ってしまったのか首を傾げてしまう、という経験があるはずです。これがいつも日常的に起きている人は金銭感覚がおかしい、いわゆる浪費家であると言えるでしょう。その中でも、お金があるなし関わらず、買い物をする事がストレス発散になっている人もいます。買い物依存症と言い換えることも出来ます。これはローン地獄一歩手前の状態です。
特にカードを使った浪費はとても恐ろしい物です。手元にお金がなくても、カードさえあれば買い物する事ができる。言い換えればお金が湯水の如く湧いてでてくるような錯覚を起こすとも言えます。そんな中でよく見かけるのが、そのカードの錯覚の罠のローン地獄にはまってしまい、キャッシングやクレジット借り入れを繰り返してローン地獄、あっという間に借金が積み上がっていく事です。それに加えて、金銭感覚がおかしい人は、お金の価値観も狂ってしまっています。お金の価値観が軽くなってしまっている人は、10万や20万という大金も、あまり考えずに使ってしまう傾向があります。それだけローン地獄で借金まみれになるリスクが高いと言えるでしょう。

 

ローン地獄専門家の知識を利用してみても良いと思いますよ。●